帯状疱疹やヘルペスに悩まされる子供と大人の写真

バルトレックスは様々なウイルス感染による症状を緩和させる効果があります。帯状疱疹やヘルペスに対して有効で子供から大人まで幅広く使用されています。こちらではバルトレックスの効果や服用方法の詳細について解説します。

バルトレックスは前兆があれば服用しアルコールに注意

バルトレックスというのはヘルペスウィルスの感染によって起こる症状を抑制する薬です。ヘルペスウィルスは感染症でありほとんどの人が感染している一般的なウィルスのひとつでもあります。これは水ぼうそうもそのひとつで子供の頃にかかることが多いのです。
他にも単純ヘルペスウィルスは身体のどこでも感染してしまい、皮膚に水ぶくれが起こります。唇のまわりや性器の周りにできるものもあります。唇ヘルペスは唇の周りに赤い水ぶくれができてかゆみなどが起こってしまうもので、疲れや体が弱っていると繰り返し発症してしまいます。単純ヘルペスウィルスに感染してしまうことが原因ですが、若い年齢でも感染している人も多く年齢とともにその感染率も高くなってきます。しかし免疫ができるとその症状があらわれにくくなりますが、大人になってから感染すると症状が悪化してしまうこともあります。
また水ぼうそうが治ってもウィルスが体内からなくなるというわけではありません、免疫力が低下するとまた現れることもあります。疲れがたまったりストレスによって身体の半分のある部分だけがヒリヒリと痛み水ぶくれが現れることがあります。
バルトレックスはこのような症状があらわれたり前兆があれば早めに服用をする必要があります。症状が現れてからではウィルスはすでに増殖してしまい症状が悪化してしまいます。
もしストレスや疲れで皮膚がなんとなくチクチクする、ヒリヒリするといった前兆があらわれたらヘルペスの兆候の表れです。
このようなときに早めにバルトレックスを服用するということです。バルトレックスを服用する場合は用法、用量をしっかりと守ります。そしてバルトレックスを服用しているあいだはアルコールは控えるようにします。体質によってアルコールが副作用を起こす可能性があるためです。