帯状疱疹やヘルペスに悩まされる子供と大人の写真

バルトレックスは様々なウイルス感染による症状を緩和させる効果があります。帯状疱疹やヘルペスに対して有効で子供から大人まで幅広く使用されています。こちらではバルトレックスの効果や服用方法の詳細について解説します。

バルトレックスの飲み合わせについて

抗ヘルペスウイルス薬として知られるバルトレックスは単純ヘルペスウイルスに対する感染症において高い効果を示す治療薬です。
特に頻繁に用いられるのが性器ヘルペスのように症状がはっきりと出てしまいやすく、外用薬が用いにくいものであり、性器ヘルペスにおいては第一選択薬として処方されています。
性病として知られる性器ヘルペスにかかってしまった場合には、患者が自分で治療をしたいと考えることもよくあります。
性病にかかってしまったことを人に知られてしまいたくないと考えるからであり、治療薬として名高いバルトレックスを自分で手配しようと考えることもよくあります。
近年ではインターネットが普及したことによって通信販売で医薬品を海外から手配することができるようになっていることから、医師の処方箋が必要とされる医薬品でも個人輸入を行えるようになっています。
それによってバルトレックスを手に入れることも可能であり、自己治療を行うという人も少なくないのが事実です。
しかし、バルトレックスが医師の処方箋を必要としているのには意味があり、その飲み合わせに気をつけなければならないという面があります。
飲み合わせが悪い薬としてよく知られているのが、痛風の薬であるプロベネシド、胃痛の治療に用いるシメチジン、免疫抑制剤のモフェチル、喘息の治療薬であるテオフィリンが知られています。
こういった医薬品と併用を行ってしまうと、バルトレックスの身体の中での濃度が高くなってしまい、副作用が出やすくなるという危険があります。
バルトレックスによる副作用として精神作用が知られており、あまり量が多くなると意識障害すら起こしうることが知られています。
そのため、自己治療をする際には飲み合わせには十分注意が必要です。

大人と子供のバルトレックス服用方法の違い

バルトレックスはヘルペスウイルスによって引き起こされる症状を治療するために用いられる抗ウイルス薬です。
性病として有名な性器ヘルペスのほか、口唇の周りにぶつぶつが出来る口唇ヘルペスに対しても広く処方されています。
この薬を服用する際の注意点として押さえておきたいのが使用の際の量と期間で、ウイルスに薬剤耐性を持たせないように適切な量を適切な期間飲み続けることになります。
そのため基本的には医師の診察を受け、服用に関してもそこで指導された通りに行うべきといえるでしょう。
ただ中には子どもが口唇ヘルペスを発症したため、自宅にあった親のためのバルトレックスを応急処置として飲ませたいというケースもあります。
そうした際にはどのように服用すれば良いのかというと、まず通常の大人がバルトレックスを服用する場合は1回500ミリグラムの錠剤一錠分を飲むことになりますが、体重10キログラム未満の小児の場合は体重1キログラム当たり25ミリグラムを1日3回、体重10キログラム以上の小児の場合は体重1キログラム当たり25ミリグラムを1日2回飲ませることになります。
仮に体重が15キログラムの小児に飲ませるのであれば15キログラム×25ミリグラム=375ミリグラムが適量です。
1回あたりの最高量は大人と同じ500ミリグラムですので、体重が20キログラムを超える子どもの場合は500ミリグラムの錠剤を1錠飲ませるようにしてください。
ただ錠剤を細かく細分して正確な量を投与することは難しいですから、あくまでもこうしたバルトレックスの使い方は応急処置程度のものとして考えておきましょう。
ベストなのはやはり専門医に診察をしてもらって薬を処方してもらうことですから、体調が悪い時は無理をせず病院を受診するように心がけてください。

バルトレックスを安く入手したい方はこちら

今も昔も注目されている性感染症(sexually transmitted disease)の詳細として性器ヘルペス・口唇ヘルペス、クラミジア及び咽頭クラミジア、咽頭淋病(淋病)や梅毒(先天性梅毒)、コンジローマ(「HPV」ヒトパピローマウイルス)、性器カンジダ、エイズ(後天性免疫不全症候群)やと言った分類がありまして早期改善や再発防止が重要となります。
STD(性病)のお悩みの方の特徴としてよく言われるのが性器周辺に起こるかゆみ、排尿時の軽い痛み、赤く腫れあがったできもの、性器から発せられる臭い、症状が発症しないなどの症状が大多数で、ここ最近では若い世代の人も珍しくないことを理解しましょう。
STD(性病)の一部の方は性行為時に性病をもらってくる場合が非常に多く彼女が性感染者だったなどが感染する主な性感染の原因であるために、性病のリスク回避のためも正しい性病の知識について知って置くことが重要です。
また性病の治療薬といっても数多くの種類があり、特に有名なお薬にジスロマックやバルトレックスといったお薬があります。
バルトレックスは性病の治療薬として性病科の病院などでも処方することが可能なお薬ですが、最近ではネット通販サイトを利用してバルトレックスなどのお薬を通販する方が少なくありません。
特に性病はあまり人には相談しにくい病気ですし、性病に感染していると分かっていても病院などには非常に行きにくい方が多いでしょう。
そんな方がネット通販を利用する傾向があります。
また病院よりも安く入手できるという面でも非常に注目されており、特に再発リスクが非常に高い性感染症については継続的に薬を使用することもあり、薬価が非常に高くつくケースがあるため通販サイトを利用される方が多いと言えるでしょう。

■おすすめの通販サイト
あんしん通販薬局の評判
■細菌性の感染症に効果のある治療薬です
ジスロマックには2つの飲み方がある
■バルトレックスの通販について書いてあるサイト
ヘルペス治療にバルトレックス
■バルトレックスでヘルペスの再発を防ぎましょう
バラシクロビル